サラリーキャップって何?メッシがバルセロナと契約できない理由を知ってびっくり

リオネル・メッシがバルセロナと契約出来ないってニュースを見てびっくり。

TOKYOオリンピックのサッカーで日本を決勝に行かせなかったスペイン。

そのスペインのサッカーリーグ「ラ・リーガ」にバルセロナは所属しています。

リオネル・メッシはそのバルセロナと契約を結ぼうとしていました。

年俸が半分になってもメッシはプレーを続けて、われわれファンはメッシのプレーを見ることができる。

そう思っていたのにいきなりのニュース。

ニュース本文には

「クラブと選手が合意に達し、新たな契約を締結するという明確な意思があったにもかかわらず、ラ・リーガの定める経済的・構造的な障害のために実現できなかった」

経済的・構造的な障害って何?って思いますよね。

これを調べたら、サラリーキャップという制度があることを知りました。

まだよくわかりませんよね。

メッシの年俸を半分にしてもダメ、ボランティアでタダでプレーしてもまだ足りないってことは、複数の選手を解雇しないとダメってことみたいですね。

バルセロナとメッシが契約できてもラ・リーガの試合には出られない規定のようなので、実質無理。

メッシは日本に来るしかない。

待ってるよ。

移籍先はここかあ!

パリ・サンジェルマンのスタメンにメッシとエムバペとネイマールが並ぶ贅沢さ
ラリーガ規定のサラリーキャップのせいでバルセロナと涙の別れを告げたメッシ。 スペインを出るなら日本においで、イニエスタのように大事にするよ。 三木谷社長の触手は残念ながらメッシには届かなかったようですね。 オリンピック閉会...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました