プロフィール なおすけのネットビジネス実践記!

なおすけです。

ネットビジネスを始めたのは10数年前です。
あるきっかけで始めたネットビジネスですが

もし、ネットビジネスをしていなかったら
僕の人生はどうなっていたか分かりません。

家庭を持っているのですが、子供たちの進学や
親の介護など、お金でしか解決出来ない問題が
数々ありました。

それもこれも、ネットビジネスのおかげで
乗り越えることが出来ました。

ネットビジネスには本当に感謝しています。

この先もいろいろな事があるでしょう。
でも、ネットビジネスは続けて行きます。

必要に迫られて始めたネットビジネスですが
今は、楽しくて続けています。

さて、そんな僕のネットビジネス実践記的な
プロフィールは次の通りです。

最後まで読んでいただけると良いことがあります。

50代のサラリーマンです 過去10年以上副業で稼いできました

僕は50代後半のサラリーマンです。
早いもので、あともう数年先には定年です。

平成とともに駆け抜けたサラリーマン時代
っていうとかっこいいいかも知れませんが

バブルを味わった世代なので、あの時代の
お金の感覚は忘れられません。

あと数年で定年退職となると
普通のサラリーマンは次の職場を探したり

定年間際に転勤にならないかと
ビクビクしたり

定年後を楽しもうなんて気持ちのカケラも
ないようです。

しかし僕は違います。

定年退職後はノビノビとネットビジネスが出来るので
ワクワクしています。

もし、ネットビジネスと出会っていなかったら
あと数年で定年退職というこの時期は
不安感で一杯だったでしょう。

僕がネットビジネスに出会ったいきさつや
現在まで続けてこれた理由などを
プロフィールとしてまとめてみました。

興味があればお読みください。

昇進しても給料が上がらない

40歳になり、厄年もすぎた僕は
年齢に見合った昇進をしていました。

しかし、昇進とは裏腹に年収は横ばい。

昇進前は残業代がしっかりついたのですが
中間管理職になると残業代に上限がつくようになりました。

上限なんてあっという間に到達、その他の残業時間は
いわゆるサービス残業ってやつに化けます。

遅く帰ってくるのに給料が下がったことに気づいたカミさん。
給与明細を見せるのが苦痛になって来たのもこの頃です。

教育費や介護にお金がどんどん出ていく

僕が40代の頃、子どもたちはまだ小学生でした。

二人の男の子がいたので、進学となったら学費が大変だなと
将来が不安でした。

中学、高校、大学とお金がかかることばかりが続きます。
この給料でやっていけるのか?

子どもだけでなく親も心配になって来たのもこの頃です。

両親は70歳を超えて最近はめっきり老け込んで来ました。

子供の心配だけでなく、親の心配も出てきました。
同居ではないのですが、兄弟で面倒を見なくてはなりません。

大きな病院に通院して持病を治療していますが
認知症や介護の心配が現実的なものになっていました。

介護にはお金もかかるし、世間を見渡すと、介護のために
仕事を辞めたという人も少なくないようです。

住宅ローンがドーン

子供が小学生の頃、教育費や介護の不安を抱えながらも
分譲マンションを探していました。

賃貸マンションに4人暮らしだったのですが
さすがのカミさんも手狭と判断して
さっさと物件を探して来ました。

僕は仕事柄、都市開発には明るかったので
今後、価値が上がる場所の物件だったことから
カミさんの案に合意しました。

いやあ、決まるまで早かったですね。
ひと夏の出来事という感じで、子どもたちが
夏休みの間にダダダーっと決まりました。

僕はひたすら判子を押しまくった記憶しか
ありません。

ついに住宅ローンを背負いました。

あとの人生は、教育費と介護費と住宅ローンの
返済のために馬車馬のように働くだけです。

給料が足りない

住宅ローンを背負って、始めて収支計算をしました。
ここで気づきました。

「俺の給料では足りない!!!」

どうも怪しいんですよ。計算が合いません。
住宅ローンなんて、給料が上がることが前提です。

月々の計算でマイナス30万円の赤字!

どうする俺、どうするカミさん!

カミさんはパートを掛け持ちすることになりました。

僕は・・・・

「土・日にバイトとかどう?昼なら運送関係、夜は居酒屋とか」

カミさんはサクッと言います。

カミさんの友達の旦那が、土・日に運送と居酒屋で働いて
月に10万円を稼いでいるらしいんです。

その旦那はいつもゲッソリしていましたが
土・日も休みなく働いているからだったんですね。

立派な戸建てを建てられたので自業自得ですが・・・

事実上の借金まみれ人生!!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。
平成のサラリーマン像そのものって感じですよね。

ネットビジネスで大きく稼いだ人のプロフィールだと

友人の保証人になって5,000万円の借金を背負ったが
それをネットビジネスで返した!

というような武勇伝をよく見かけます。
本当かい?そんな大金を短期間でよく返せたものだ。

と思いますが、よく考えると僕の借金の方が大きいんです。
このままでは、ゆでガエルになってしまいます。

住宅ローン、教育費、介護・・・軽く「億」を超えてます。

借金も財産のうち。借りられるだけよい、とは言うものの
生きているうちは返済に追われるわけで、返し終わるが先か
命が絶えるのが先か・・・

借金を返済するだけの人生で、もう旅行にも行けないのか。

カミさんとは、子どもが出来てから2泊以上の旅行に
行ったことがありません。

日帰りのドライブと、実家への帰省だけ。
寂しい限りです。

カミさんはこれでもよく出来た嫁で、お金がなければ
家でじっと出来る性分です。

そのカミさんがポツリと

「函館の夜景ってキレイなんだって~」

と言いました。

カミさんは実は北海道に行ったことがありません。
というか、僕が連れていかないだけです。

お金が貯まったらそのうちに・・・
そのうちっていつ?
このままではそのうちは来ない!

こんな人生じゃダメだ!

なんとかしないと!お金を稼ぐぞ!

人生で最も充実していると言われる40代なかばですが
眼の前に立ちはだかっているのはお金がかかることばかり。

失業している訳ではないので、下を見ればキリが
ありませんが、失業する可能性だったあるんです。

お金を稼がなくてはいけない。
バイトなんてレベルじゃない、副業だ、ガッツリ稼がないと!

僕は、配送業と居酒屋以外の副業でお金を稼ぐことに
しました。

身体を酷使する仕事は、本業にも響きますし、土日のうち
1日は休みたいです。(←基本的に甘い)

40代で出来る副業って何?

「40代で出来る副業って何かある?」

カミさんに聞くと

「友達の旦那だけど、ホームページを作る会社の社長やってて
結構稼いでいるみたい。

あなたもホームページ作ってたじゃない?
お金にならないの?」

「ホームページ作成ねぇ・・・僕はデザイナーじゃないし
仕事もらうところから始めないと行けないし・・・」

でも、パソコン作業は嫌いじゃないし、ホームページを
作ることは出来る。

子供が出来た頃、ヤフージオシティーズ(知ってますか?)で
我が家のホームページを作ったことがありました。

子供の成長とか、カミさんや僕の趣味とか、旅行とか。
第三者にはどうでもよいことがてんこ盛りでした。

まあ、今の時代、個人でホームページを作るよりも
「ブログ」ってやつを作ることが流行っているようです。

いざ、ネット関係でお金を稼ごうと情報を
探し始めると結構みつかるものです。

ネットビジネスで大金を稼いでいる人が
こんなにいるなんて思ってもいませんでした。

この時、僕は45歳です。
それまで何を見てきたんでしょうか。

ネットビジネスって怪しい商売という
印象がありました。

また、賭け事のような印象もありました。

どんな方法で収入を得るのか。
月に10万円以上も稼ぐなんて想像がつきません。

月に10万円の収入があれば、生活が変わるでしょう。

年間で120万円。

サラリーの年収が100万円上がるなんてことは
いきなり役員にでもならない限り無理。

ってことは本業では絶対無理な話です。

年間120万の増収となれば、教育費や介護にも当てられるし
贅沢しなければ、カミさんとの旅行も夢ではないかも。

ということで、ネットビジネスのノウハウを
本格的に探し始めたのが45歳の頃です。

稼げるノウハウという教材をいくつか買ってみました。

PDFの教材がひとつ15,000円程度。正確には14,800円。
なぜか協定価格のようにどの教材も同じ価格、不思議でした。

クレジットカードやペイパルで決済して入手すると
さっそく熟読しつつ、実行してみます。

しかし、ネットビジネスの体系的なことがわかっていないので
手応えがないままお蔵入りする教材も少なくないです。

収益を得る仕組みがわかっていないのに
「SEO(エスイーオー)」の教材を買っても稼げるはずが
ありません。

今思うと、知らないってことは悲しいものですね。

約15,000円から20,000円の教材をクレジットカードやペイパルで
買っていると、あっという間に10万円を超えていました。

「何を買ったの?」

カミさんに聞かれると、「教材」と答えていました。

「そんなに勉強しないと出来ないほど難しいの?」

こう言われると返す言葉がありません。

稼ぐどころか、家計に響く出費をしてしまった。
早く稼がないと・・・

焦りまくる日々・・・

このやり方で行こう!ダメなら諦めよう!

いくつか教材を買って読んでいくと
ネットビジネスの正体が少しずつ分かってきました。

てっとり早い方法が「せどり」で、ブックオフで
古本を買って、アマゾンで売るって方法でした。

僕は毎日残業があって帰宅が早くても22時過ぎなので
梱包や配送作業が出来ません。

次の方法は「メルマガ」です。

メルマガを1通発行するだけで、何十万円も
何百万円も稼ぐ人がいるそうです。

メルマガを書くための時間そのものは
短時間で済みそうだな、ブログより楽かなと思いましたが
肝心の読者を確保しないといけません。

その時のノウハウは、読者のメールアドレスを
お金を払って集める、しかも数十万円が必要という
というノウハウだったので、「リスク大」として選考外です。

読者のメールアドレスリストを大量に買う。しかも数十万円の投資。
その時の僕にとっては、賭けのようなもんです。

しばらくして、自力で読者を集めるタイプのメルマガも
やるようになるのですが、その時はやはり早すぎでした。

ネットビジネスって、持っているスキルによって
取り組むべきジャンルとそうではないものがあるんですね。

そして、サイトアフィリです。
育毛剤やスキンケア商品をサイト(ブログ)で
紹介して、売れたら紹介料を貰えるというもの。

一番最初に買った「SEO(エスイーオー)」の
教材は、作ったサイトを検索結果の1ページに
表示させるためのノウハウでした。

知らないということは怖いものですね。

サイトアフィリは顔出し名前出し不用なので
サラリーマンの副業としても問題なさそうです。

よし、サイトアフィリをやろうか!

サイトアフィリと言っても、僕が始めたものは
ブログアフィリです。

ブログに何を書く?こんな記事でもいいの?

ここからは、サイトアフィリの事をブログアフィリと
表現します。

サイトとはいわゆるホームページ型での媒体で
ブログとは最新記事がトップに来る更新型です。

ブログのジャンルやテーマを決めなければいけないのですが
大事なことは

・続けられること
・好きなこと

この2つです。

自分に当てはめてみると、ひとつしかありませんでした。

趣味のサッカーを書いて誰が読むのか?

それは、当時、休日にボランティアでやっていた
「サッカーコーチ」です。

もともと子供の頃からサッカーが好きで、サッカーを教えることも
好きでした。

30代後半にふとしたきっかけで、近所の小学生チームの
コーチになりました。

チームでは、事務局もやっていたので、指導方針とか
指導記録、対戦記録などもまとめていました。

事務局の感想などを書いて、保護者に配ったりしたものです。

これをブログに書いていけば、この先、サッカーコーチを
続ける限り、ネタに困らないし、何よりも好きなことなので
やる気が出る。

「そんな事をブログに書いて、稼げるの?」

どうもうちのカミさんは痛いところをズバッと指摘します。

そうなんですよね、稼げるかどうかって言われると
自信がなかったです。

やはりネットの世界は広い!ニッチなジャンルでも行けるぞ

ブログには、チームの実名や僕の実名は書けないので
偽名というかニックネームを使いました。

読む人の役に立つ記事を心がけました。

小学生のサッカーの練習方法や上手くなるコツ
コーチの役目と保護者の役目

日々感じていたことを書いていくことにしたのですが
当時は、こんな内容のサイトはありそうでなかったんです。

参考になるサイトも無いので、僕のブログはある意味
オリジナルでしたが、需要があるのか不安でもありました。

自分や自分のチームのために書いているような雰囲気も
ありましたが、30記事、50記事と記事が増えて行きました。

そして、ある日、記事にコメントが付きました。

「こういうブログを探していました!参考にします!」
(5年生と2年生のサッカー小僧のママより)

「ボール扱いが苦手です、自主練習の方法を教えてください!」
(サッカーを始めて半年の4年生の父より)

嬉しかったですね~。1行のコメントに10行も20行も返事を
書いたものです。

そして、気づきました。小学生のためのサッカーについて
書いているのですが、読む人は子供でなく、親なんだと。

親が情報を求めて、検索して、僕のブログにたどり着いて
読んでくれている。

ニーズがあることを知って、僕のブログ更新は気合が
入ってきました。

初報酬は偶然ではなかった!その後も続く報酬!

役に立つ情報を発信することだけで、全然稼げていないじゃないか。

そう言われても無理もない状況ですね。

しかし、ファンが着き始めて、濃い読者が訪問してくれるようになると
ブログから報酬がでました。

最初に売れたものは、練習用具として紹介したアマゾンの商品です。
売上は10,000円くらいで、報酬が500円くらいでした。

ガッツポーズをする僕と、冷ややかな目のカミさん。

「たまたま・・・でしょ」

ゼロからイチまでは時間がかかりましたが、その後は連続して報酬が
発生しました。

「練習方法の本やDVD」「練習用具」のリンクやバナーから
商品が売れるようになりました。

アマゾンや楽天市場だけでなく、1つ売れると報酬が5,000円という
ASPの商品まで、売れるようになりました。

売れない日がないほどの売れ行きです。

あなたも情報商材のセールスページをご覧になったことが
あると思います。

毎日のように報酬があがっている管理画面の画像が貼って
ありますよね、あれですよ、アレ。

「あれって本当だったんだ・・・まさか自分が・・・」

今、自分のパソコンの画面に日々の報酬がズラッと並んでいます。

ちょっとブルッとしましながら
続けてよかったと、カミさんと喜んだものです。

「サッカーする人って変わってるね」

「いやいや、そういう問題じゃなくて、バスケやテニスでも
一緒だと思うよ」と説明しましたが・・・・

「バスケやテニスの事も書けば、もっと売れるかも」

「いやいや、僕はバスケやテニスの指導をしたこと無いし
ウソで書いても続かないよ」

「ふーん。でも、そのうち飽和するよね」

そうなんですよね、読者を増やさないと飽和ですね。
記事を書かないといけません。

半年後には月に10万円の収入をゲット

記事を更新し続けて、ブログを立ち上げた半年後には
月に10万円の収入が入るようになりました。

ネットビジネス用の口座を作っていたので
パソコンからログインして残高が確認できます。

1年を通してそこそこの収入があれば
確定申告の必要もあるので、お金の出入りの管理は
しっかりやっていました。

その年の12月末には、確定申告が必要な位の収入が
ありました。

ネットビジネスで大切なことは、瞬間風速的に月収を
得るのではなく、長い期間を通して収益があることです。

月に10万円を収入した時から、右上がりに収益が増えて
いきました。

僕は副業なので、白色で確定申告をしながらネットビジネスを
続けています。

収益が増えていくと、アフィリエイト商品を扱っている業者の方から
メールが来るようになりました。

「うちの商品を扱ってください」
「単価をアップします」

月10万円を突破するまでは、予想もしなかったことです。

「なおすけさんのネットビジネスを初心者の方へ紹介しませんか?」
「ぜひ、セミナー講師をお願いします」

などという話もありました。
浮かれていてはいけないな、ネットビジネス界はリアルビジネスよりも
気を引き締める必要あり。そういう経験もありました。

ネットで稼いだお金が役立つ日

慎ましく暮らしていましたが、子供たちは成長し
進学の時期を迎えました。

いつの間にか、上の子が大学へ、下の子が高校へという
ダブル受験とダブル進学の年を迎えました。

お金がかかります。

一時期に百万円以上のお金が出ていく場面は、人生には
そうそうないものです。

しかし、こんな時のためにネットビジネスをやっていた
はずなので、さっそく役に立ってくれました。

もしネットビジネスの蓄えがなかったら、銀行へ走るか
カミさんが実家や兄弟を頼るか、どちらにしろ
返済しなければならないお金です。

「ネットビジネス、やっててよかったよ」

僕が皆さんにネットビジネスを勧める理由が少しでも
わかっていただけましたか。

ひとりでこっそりやるのもいいですが、家族のために
ネットビジネスをやることで、責任感も出ますし
行動力も出るはずです。

行動力があれば結果が出ます。

何をやっていいか分からない、そんなあなたには
僕が応援します。

ぜひメルマガに登録してください。
ステップを踏みながらネットビジネスを進めて行きましょう!

「中高年からはじめるネットビジネス。プチ資産で将来の安心を!」

タイトルとURLをコピーしました